スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガバメンツ

拝啓お母さん

ガバメンツの稽古を見学させてもらってきました。

衣装のなぎさちゃんから、今までと違うタッチの事に挑戦してると聞いていたので「どんなんかな~?」と思いつつ、みかんを手土産に稽古場にお邪魔したのです。

初めての通し稽古も先日終わったとこだったらしくて、今日の稽古はセリフ微調整の確認稽古でした。
と云う事で頭からラストまで、変わった部分を摘んで摘んで確認を繰り返す。

摘んで摘んで見たので、ストーリーは全く分からなかったですが、「今までと違う!」と云う事は直ぐに感じました。

「今までガバメンツを見て来た人に受け入れられるの?」
「一気にこの表現に挑戦しちゃうの?」
「お客さんの想像力も借りて作り上げる舞台だね?」
「人間創りが重要な舞台だね?」
等々、色々感じて。

早川くんの挑戦。
劇団の挑戦を感じた僕は稽古終わりの飲み屋で、思いの丈を(主に早川くんに)ぶつけまくったのでした…

本番まで2週間。
ここからドンドンドンドン登って行くと思われる。
ほんでもって、本番が9ステージあるって事なんで…
回を重ねる毎に変化して変化して登って行くと思われる。

お客さんと作り上げて行くスタイルのコメディだと感じました。
初日も楽しいと思います。
初日の楽しさは、稽古場でみんなが作ってきた「オモシロ」を板にかけて
どうですか?と問いかけるステージ。
2ステ目は、初日のお客さんの反応を「ダメ出し」と捉え、狙いとしての感情が伝わっていない部分を見直し、エッヂがつくように修正する。
楽日までその繰り返し。

今までもそうしてきただろうし、今回も同じだと思います。
でも、お客さんと創る感覚がより深く、深海で手を引っ張ってもらう感覚に近いと思う。

僕は初日を見に行きます。
楽日も行くかも。

超絶オススメ、ガバメンツの舞台をみんなにも見て欲しい。

--------------------------------------------------
劇団ガバメンツ「ロイドと」
作・演出 早川康介

おしゃべりな女は引きこもっている。
無口な叔父は、そんな女を心配している。
唯一の友は、そんな女にプレゼントをした。
加湿器なんていらない。
おしゃべり機能なんてもっといらない。
と思っていた女に起こった、ちょっとした変化。
その変化にちょっと怒った人たちと、コメディと。

2016.10/21(金)~24(月)
SPACE9(あべのハルカス近鉄本店ウイング館9F)

10/21(金)19:30
10/22(土)13:00 / 16:00 / 19:00
10/23(日)13:00 /16:00 / 19:00
10/24(月)15:00 / 18:30

【CAST】
近藤貴久
西岡裕子
賀來正博
浅雛 拓
濱本直樹(DanieLonely)
佐々木ヤス子

ギター 福島 大

詳しくは
--------------------------------------------------

敬具

コメントの投稿

非公開コメント

こよみ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
よしあきです

山本禎顕

Author:山本禎顕

リンク
直近「拝啓」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。