スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重い扉は不幸の始まり。

拝啓お母さん

住んでみて気付く事も多い。

引き戸が重い。

これって結構ストレスでして…
悪循環を産むんですよね。

扉が重い

直ぐに戻る予定だから開けっ放しでいいか

廊下からの冷気が部屋に入る

ストーブで温められた部屋の温度がどんどん下がる

ストーブを「強」でつけっぱなしでないと部屋が寒い

灯油のヘリが半端ない

冷蔵庫の扉は閉めますね。
それは規模が小さくて「損するポイント」が明確だから?
もしくは、冷蔵庫の扉が閉めにくいなんて聞いた事ないから?

もし。
冷蔵庫の扉が物凄く重くて開きにくいし閉めにくかったら?

この場合、そもそも用も無く冷蔵庫を開ける事がなくなるのかな?

まぁ、何が言いたいかと言うと。
生活するにあたって、こういった小さな事を改善すると、負のスパイラルの種を潰せるって事。
こんな事で?って思うけど、僕の経験上、扉の開閉がワクワクするような物であったら幸せの波及効果は半端ない。
と思う。

てな訳で、引き戸がスムーズに開閉する方法を考えて、改修にあたって行こうと思います。

扉自体を一から作っちゃうか?
ありもんに、いい感じのローラー(コロコロ)を埋め込んでみるか?

燃えてきた!

敬具

コメントの投稿

非公開コメント

こよみ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
よしあきです

山本禎顕

Author:山本禎顕

リンク
直近「拝啓」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。