スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声が出る!

拝啓お母さん

長らく出にくかった事が出ます。

喉が、すっごく楽です。

でも…喉から手から赤い押し痕だらけですわ。

実は昨晩。

食事のあと、精進料理に幸せを感じて部屋に戻りゴロゴロしようと思った矢先。

お父さんの「ちょっと押そか」の言葉。

治療院とは違うし本格的な指圧は無いとふんで、いいですか?とウキウキで寝転がる僕。

始まる治療。

痛い。

いたたたたたた!

痛い痛い痛い。

え?普段より気合入ってませんか?

違うんですって…かなり筋が張ってて悪い状態なんですって。

それでも何とか指圧に耐え、「ありがとうございました」で終了!

…と思いきや。

ポーチから何かを取り出すお父さん。

キラン!

やばい!!

何か似たのを治療院で見た事あるけど…一番痛いやつや。

先の尖った先端から低周波がでるとかなんとかの?

でも先っちょがなんだか磁石みたいな色をしているぞ。

もしや、ガウス?

さきっちょガウス棒。

こりゃ気絶を覚悟せなあかんな…

と、案の定悶絶。

気絶はしなかったけど…悶絶。

痛くて痛くてたまらんかった。

その時お父さんの言った「明日の朝、楽なはず」がどうも信じられんかったけど…

今、めっちゃ実感できています。

人間の体って不思議ですね。

お父さんありがとうございます。

敬具

コメントの投稿

非公開コメント

こよみ
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
よしあきです

山本禎顕

Author:山本禎顕

リンク
直近「拝啓」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。